ポストする May 23, 2016


車のディーラー

要注意です!! 実際にこのような書類が必要で提出を求められることは殆どありませんが最低でも基本的な 使用者3点書類 (印鑑証明・譲渡証明書・委任状) は手元に揃っていることが絶対条件です。 3点書類は自己保管していないと、何か起きた際にも「直ぐに対処対応がでなかった」というケースがあります。また、3点書類を持っていないと車両売却時に「書類を管理している業者の言い値でしか売却できなかった」と. この場合、書類が無いので転売もできず書類管理業者の言いなりにされてしまいます。 「いつでも高価買戻しをします!という約束だったのに、いざそうなると委託でしか受けません。お金は売れてからです。と言われた」この場合すぐに買い取ってもらえず、またいつ売れるのかも不安です。 コピーだけでは自分の車であって車の権利を全て業者に握られたままで悪意ある業者の思う壺となってしまいます。 正当な販売店は必ず書類を全てお渡ししています。こう言ったご相談が多発しているため当社も困惑し不本意ながらここに勧告させて頂くこととしました。 他社にも同じ注意書き【トラブル続出!書類を出さない業者にはご注意下さい!】をされている業者さんが多数あります。 当社で販売する車輌には、流通実態 ・ 車両諸元 ・ 登録情報 ・ 車検拒否の可能性 ・違反滞納金の有無など各情報機関より最新の証明書を添付しております。 ガレージイーギアでは、お客様に安心して金融車を乗っていただける車選びを心掛けています。

オードリー若林 個性的なディーラーに出会う 車のディーラー.

過去に駐禁をしたまま反則金を支払っていない車両は、次回車検時に滞納している反則金のすべてを収めなければ車検を受けることが出来ません。 悪質な場合は 10件以上放置している車もあり、莫大な罰金を支払わさます。 これを購入者負担にしている業者もあるようなので十分にお気をつけ下さい。また弁明書など提出されていると反則金の納付も出来ず、車検も通せないケースもありますのでご注意ください。 当社では、各車両販売時に違反滞納金のないことを証明する書類を添付しております。 証明書がついていない車両には十分お気を付け下さい。トラブルになる可能性があります。 車のディーラー.

新車を買うときにディーラーで下取りに出した時に、「車両本体の値引きは限界なので、下取り価格で頑張っておきますね」なんて言われて思わず得した気分になっていませんか?



車のディーラー - 説明